WEBマーケティングにおける広告の種類

WEBコンテンツ利用時のライセンス選び

WEBマーケティングにおける広告の種類 WEBコンテンツを利用する場合、本来的には著作権者に使用許諾を得て利用することになります。しかし、それでは著作権者に対して膨大な問い合わせが発生することになるため、著作権者側で利用にあたってのルールを提示し、そのルールに従いさえすればコンテンツを利用することができるという取り決めを行う場合があります。著作権者が独自のルールを定めていることもあるのですが、最もよく利用されるのがGPLやクリエイティブコモンズのような標準的なライセンスの付与です。

ライセンスが付与されている場合、利用する側にとっても、個別に著作権者と交渉する手間が省けるという大きなメリットを得ることができます。ここでポイントとなってくるのは、付与されているライセンスごとに利用条件が異なってくることです。自分がコンテンツを利用する目的に合わせたライセンスを選択することが重要です。

またコンテンツの中には、著作権者が著作権自体を放棄したり、あるいは著作権の保護期間が終了したために、自由に使えることができるようになったパブリックドメイン(クリエイティブコモンズの場合はCC0)というライセンスのものもあります。昔の古い絵画や写真、あるいは書籍等が該当します。著作権保護期間については国によって異なるので、その点については注意する必要があります。

Copyright (C)2019WEBマーケティングにおける広告の種類.All rights reserved.