WEBマーケティングにおける広告の種類

WEBが果たしていく役割

WEBマーケティングにおける広告の種類 昨今において、WEB媒体中心にブランディングについて行っていくことが多くなってきています。そして、WEBサイトやWEB広告を通した上で、企業におけるユーザーや生活者などによるターゲットに対して、企業やその製品、サービスに対する信頼感や安心感、高い好感度について印象づけていくことが、コーポレートブランディングや製品ブランディングとなっています。しかも、集客や購入、問合せ機会へと展開させていくようになっています。また、印刷広告媒体によって制作しているコンテンツや素材、画像などをそのままホームページに活かしていくワンソースやマルチユースの手法によって、制作工数が減って、納期の短縮について実現することができ、コストメリットを発揮するでしょう。

また、膨大なマーケットの中より、潜在しているターゲットユーザにリーチしていくための条件について絞り込んでいきながら、ターゲットユーザを顕在化させていく機能となっています。そして、Googleなどの検索エンジンを活用しながら、ターゲットを絞り込んでいくことから顕在化させていくような手法が一般的となっています。しかし、ビジネスブログによる展開やYouTubeなどの動画メディアやモバイルなどのソーシャルメディアによる手法も大変有効となっています。また、そこで得られているアクセスログ分析によるユーザの動向や志向を巧みにとらえながら、サイトや画面設計、サイトコンテンツづくり、もしくは製品開発や販売戦略、WEB広告戦略にまで活用していくようになります。そして、これらが比較的に短期間かつ低コストによって情報やデータ収集することができるWEBのマーケティング機能については、今後、さらに進化を遂げていくでしょう。

Copyright (C)2019WEBマーケティングにおける広告の種類.All rights reserved.